春菊天と2枚もり春菊天と2枚もり


春菊天と2枚もり

午前5時30分起床。浅草は晴れ。この日の昼餉ランチは「ゆで太郎本所吾妻橋店」だった。「2枚もり」を頼むのは何時ものことだが、つい先日の「ねぎどん」に影響されてか「春菊天」をもらってみる。「春菊天」はあっと云う間に揚がるが、この「春菊天」はカラッとしすぎだ。つまり、食おうと思って箸をいれるとボロボロと春菊が零れまくった。そのせつなく落ちる春菊と「2枚もり」の相性は計算通りの味だった。

それは「ねぎどん」と比べれば全く違うものだが、その違いを云うのは全くナンセンスである。なので只管「2枚もり」を手繰り「春菊天」を食う。墨田で仕事をするようになって、ランチに蕎麦を食おうと思えば「ゆで太郎」が近くにあった。それは何時もおいしい「もりそば」を提供してくれることを発見して以来「2枚もり」が常食となった。

と同時に、今まで普通に食べていた蕎麦屋は益々遠くなった。ランチは1日に3食しか食えないうちの1食である。やっぱり蕎麦屋は色々と有る方が楽しいし、また食える蕎麦も色々とあった方が楽しい。と云っても墨田では「ゆで太郎」に通うあたしがいる。なので「春菊天」なのである。なんとかもう一店とは思うのだが、なかなか次が見つからないのだ。[浅草でランチ

春菊天

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7