かきあげかきあげ(贈与)


(無料で)かきあげをもらったこと

午前4時50分起床。浅草は晴れ。「かきあげ」をもらった。無論タダでだ。あたしの行っている「ゆで太郎本所吾妻橋店」では、「春の無料クーポン券」なるものを配っていたが、これは6月末日まで無料で「海老天」、「カレールー」、「かきあげ」、「コロッケ」、「わかめ」そして「生玉子」のうちどれかひとつがもらえるというクーポン券なのだ。

もう既に「無料クーポン券」の配布は終わっているが、あたしのサイフの中に何枚か入っていた。「ゆで太郎」では「2枚もり」ばかりを判で押したように頼むあたしは、そうだ「無料クーポン券」があった、とばかりに、サイフの中をゴチャゴチャ探して、6枚綴りの中から「かきあげ」の無料券と「2枚もり」の食券とを共におばさんに渡した。

そして待つこと暫し、出て来たものが写真なのだ。お金を出して貰う「かきあげ」も、今回のようにタダで貰う「かきあげ」も同じものである。でもこれは明らかに店からの「贈与」なのだ。しかし「贈与」ならば「お返し」が気になるものなのだが、ことこいつに限っては「お返し」を気にしないあたしがいる。そう、どうせまたここに来るのだ、という気持ちが「お返し」を気にしないで居られるのだ。[浅草でランチ

かきあげのなくなった春の無料クーポン券

2枚もり

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7