かきあげ+2枚もりかきあげ+2枚もり


「ケ」のたべものとしてのゆで太郎

午前5時10分起床。浅草はくもり。仕事の都合で「ゆで太郎本所吾妻橋店」を昼餉ランチに使っているが、ここで何を頼もうが、ここのメニューは「ケ」なのである。今日は「かきあげ」と「2枚もり」を頼んで食べたが、蕎麦屋にはよくあるメニューで間違っても「ハレ」の料理にはならない。なぜ「ハレ」のメニューじゃないのかと云えば、今のあたしのランチの時間は少しも「ハレ」じゃないからである。

あたしはかつて毎日が「ハレ」のような食生活をしていた時期があった。その挙げ句に糖尿病になり、脳梗塞になり今のざまだ。この「ケ」のたべものとしての「ゆで太郎」なんて全然頭になかった頃の話である。毎日が兎に角「ハレ」だったが、今は蕎麦が頼りの生活だ。それも「立ち喰い蕎麦」が大好きになってしまっている。しかし、この人、急に蕎麦が好きになった訳ではない。

糖尿病のおかげで糖質制限食を取るようになり、それでは(あたしの)食生活が目茶苦茶だ、と蕎麦だけは食べても良いことにしたのだ。それからあたしの蕎麦好きが始まったと云ってもよく、そして立ち喰い蕎麦屋が好きになり、挙げ句の「ゆで太郎」である。50%前後の小麦粉だ。これは身体にいいわけはない。その身体に悪いものを悪いと分かっていて食べていること自体が実は「ケ」なのだろう。[浅草でランチ

2枚もり

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7