とり舞茸天そばとり舞茸天そば


とり舞茸天そば

午前5時30分起床。浅草はくもり。何時ものように「ゆで太郎本所吾妻橋店」へ行く。ランチなのである。ランチで食べるのも、いつも同じだと飽きてくるのだが、ここは不思議と飽きがこない。まあ、あたしは蕎麦が好きなのだし、ここの蕎麦に含まれている小麦粉(約半分は小麦粉だ)に、精神的に癖になっているのだろう。

糖質は決して甘いものだけではなく、味のしない糖質もある。そして、食べ続けると癖になる。なによりもストイック(と云われている)なあたしでさえ、糖質の虜になったままで、なかなかその壁を破る事は出来ない。

まあ、「2枚もり」でいいのだけれど、この日はわざわざ「とり舞茸天そば」を頼むのは、「2枚もり」だと書くことがなくなりそうだからであって、つまり、少しでも書く言葉を見つけたいからだが、しかし、それも「天ぷら」があるかないか、そして、その「天ぷら」に何を揚げているのか程度なのだ。今日の「天ぷら」は舞茸と鶏肉である。それもばらばらなのである。

あたしはここの「天ぷら」をさほど褒めない。決してうまいとは思えないそのカラッとした仕上がりが気に入らないのだが、一年間食い続けていると、そのカラッとした「天ぷら」がうまいと思えてくる。恐ろしきは同じ様なもの(天ぷらの事である)を食べ続けていると、何時の間にかその食べ続けているものがうまく感じてしまう、と云うことだろう。まあ、うまいのだ。[浅草でランチ

とり舞茸天そば

とり舞茸天そば

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7