FROM MOMOTI.COM

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ


2006年11月19日(日) 

喜美松のもつ刺しは世界一おいしいということ。(浅草4丁目)

豚モツ刺身
豚モツの刺身

非日常としての喜美松

11月16日、お酉様(酉の市)ツアーの後は、もつ刺しの店「喜美松」へ。ここは説明不要のキアスムの場である。このキアスムは、本来生では食べない豚のモツを、刺身で食べさせるという「ひねり」のことであり、そのひねりは、店内の磁場をちょっとだけ歪ませている。

その歪みは強度のある次元であることで、リアリティを担保しながらも、あたしたちを少しだけ非日常へいざなうのだ。

つまり喜美松の非日常性は、あたしたちの記憶の深層(無意識)をくすぐることで快楽を生み出している装置なのであって、そんな装置を街中に孕むことで、浅草は今日も元気なのである。

この街で元気になることは少しだけ簡単なことなのだ。そう、こういう店に飲みにでればよいのだからね。

豚モツ刺身

店の玄関で、親方と一緒に。
店の玄関で、親方と一緒に
2006年12月22日追加
2009年7月1日画像修正

喜美松
台東区浅草4-38-2
03-3874-5471

大きな地図で見る

投稿者 momo : 2006年11月19日 13:52 : Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/485

え、食べて大丈夫・・・豚なのに刺身・・・ from 東京にゃんこ (2006年11月28日 20:54)

浅草でもここだけらしい・・・豚の内臓の刺身を出すお店・・・ とりあえず、まだまだ... ...