「ももち どっと こむ」より

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



岩手・沼宮内のホルモン鍋を食べる。(元祖・沼宮内ホルモン 肉のふがね:岩手町沼宮内)

岩手・沼宮内のホルモン鍋岩手・沼宮内のホルモン鍋
この日2回目の鍋でホルモンの姿が既に見えなくなっている

岩手・沼宮内のホルモン鍋

午前5時30分起床。浅草は晴れ。一昨日の夕餉は、盛岡の下河原さんが送ってくれた、岩手・沼宮内のホルモン鍋を囲んだのだった。火(鍋)を囲むのは楽しい。例えその火がガスだろろが、一緒にいる人が初めての人であっても、一緒に火を囲むと、直ぐにうちとけて話が弾む。

岩手・沼宮内のホルモン鍋セット岩手県には何度も行っているあたしだが、そもそも沼宮内ぬまくないって何処にあるんだ、という、ものの知らなさなに、岩手町なる町名がでてきて、なんだかさっぱりわからなくなってくる。でも、きっとうまいに違いない(岩手県の創意工夫にはいつも驚かされている)、と早速食べて見たのである。

やや甘いタレに漬け込まれた豚のホルモンを鍋に入れ、水で割って加熱し、沸騰してから10分、キャベツと豆腐と長ネギを入れ、ついでにニラも入れてみて、野菜がしんなりしたら、ホルモン鍋の出来上がりで、ここではまずホルモンを食べるてみる。

すると、そのホルモンのうまいのなんのって、東北の人達の考えだろう、味噌と豆腐というのが、煮込まれたホルモンに実と実によくあうのである。

さらに、ホルモンとは別パックに入った”やまと豚”と呼ばれるバラ肉を、鍋に入れて炊いてみたら、いや、これがまたいけていて、厚い肉の食感が、口の中に広がる感覚に、あたしの顔は崩れっぱなしになってしまう。

そして”ほる麺”の考え抜いたその形状には、思わず大笑いしたのであるが、これは唐辛子が入った麺で、うどんと盛岡冷麺を足して2で割ったような食感、つまり”もちもちつるり”なのであり、あたしも少しもらって食べてみたが、いや、思わず”うまい”と云ってしまったのである。

岩手・沼宮内のホルモン鍋は、ちゃんと「生きている」ホルモン鍋で、「生きている」、というのは、ちゃんと活動していることが伝わる、という意味だが、これなら、あたしの中で最強のホルモン鍋である、幸楽のホルモン鍋といい勝負になるかも、と思ったのである。

府金精肉店
岩手県岩手郡岩手町沼宮内第7地割23
0195-62-2403

大きな地図で見る

Written by 桃知利男のプロフィール : 2012年12月07日 06:21: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/4590

Listed below are links to weblogs that reference

岩手・沼宮内のホルモン鍋を食べる。(元祖・沼宮内ホルモン 肉のふがね:岩手町沼宮内) from モモログ3

トラックバック