「ももち どっと こむ」より

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



洋食屋ヨシカミのポークソテーでランチ、でも書くのはコンビネーションサラダについてだけれども。(浅草1丁目)

ポークソテーポークソテー 1400円

ヨシカミ

午前5時35分起床。浅草はくもり。昨日はお客様がおみえになり、洋食屋ヨシカミで昼餉にしたが、ヨシカミという洋食屋は、あたしの周りではよそ行きの洋食屋となり、最近は糖質制限食などをやっているものだから、「ナポリタン頂戴!」とか「ハヤシライス!」はまずいだろうと、滅多に使わなくなってしまった。

コンビネーションサラダ

昨日はポークソテーとコンビネーションサラダを注文し、ご飯は糖質制限食者の習いに従いパスしたのだが、(コンビネーションサラダを何時ものように)食前に食べ始めれば、このコンビネーションサラダ、中に入っているキャベツのカットが、あたしが今までみたどのサラダとも違うのである。

いや、違うというより始めてみたので説明がつかないのだが、とにかく千切りではなく、しかし細かく切ってあるのだ。

その細かくカットされたキャベツが、これでもかと山盛りにぎゅうぎゅう詰めで、しかし一見だれにでも食べられる、と思われる量なのだが、実は大間違いなのであり、全然いつもの調子のようにはいかないのである。

あたしは食前、食中、食後と、気合いを入れ直してようやく全部食べたのだが、このサラダ、食べすすむうちに実に素晴らしい出来であることがわかる。

カットされたキャベツの一片まで、ドレッシングが効いていて、かといってそのドレッシングは決して辛くなく甘くなく中庸なのである。その「過剰な中庸さ」が妙にあたしにあうのだ。

さすがは、「うますぎて申し訳ないス!」のヨシカミなのだが、「過剰な中庸」こそヨシカミを表すにはいい言葉だと思ったが、しかしそのフレーズをまさかサラダに使うとは夢にも思わなかったのだ。 [浅草グルメマップ] [浅草でランチ]

コンビネーションサラダコンビネーションサラダ 900円

ヨシカミ
東京都台東区浅草1丁目41-4
03-3841-1802

大きな地図で見る

Written by 桃知利男のプロフィール : 2011年12月06日 07:06: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/4141

Listed below are links to weblogs that reference

洋食屋ヨシカミのポークソテーでランチ、でも書くのはコンビネーションサラダについてだけれども。(浅草1丁目) from モモログ3

トラックバック