「ももち どっと こむ」より

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



遠野 山ぶどうワインを太陽の下で飲むということ。

汐入公園の何だかわからない花汐入公園の何だかわからない花

遠野 山ぶどうワイン

午前6時25分起床。浅草は晴れ。昨日はよい天候だった(というか暑かった)のだが、この日、あたしたちは、浅草警察署少年柔道部の皆さんと、遠野 山ぶどうワイン近いんだか遠いんだかはよく分からないけれど、でも荒川区だから隣の町にある汐入公園に弁当を持ち込んで、もちろんお酒も持ち込んで、日がな一日を過ごしたのだ。

あたしは、最初は「サントリー オールフリー」を飲み、その後はジンロ専門にしたのだけれども、これに「クリスタルガイザー スパークリング レモン」をあわせ、レモンを切り、レモンハイにして、とにかく沢山飲んだのだ。

しかし、この日はもう一種、珍しく「赤ワイン」を持ち込んだのだが、それが「遠野 山ぶどうワイン」なのだった(写真 右)。これは岩手県の佐々木さんからいただいたもので、彼は遠野出身であり、送ってくれた遠野の特産品なのだ。

赤ワインは、糖質制限食では△マークのもので、つまり糖質は少ないので適量は可だから飲んでも良いけど、あんまり飲みすぎたらダメだよ、なのであり、あたしはコップ1杯飲んだのだが、甘い香りがするフレッシュなワインで、味は忘れようにも忘れられないものだった。

残念ながら、あたしはそれでおしまいにしたのだが、大丈夫、この日は赤ワイン大好きの方がいて、全部たいらげてしまった。あたしはこの後、レモンハイを飲んで、日がな一日を過ごしていたのだ。日焼けしたな。

遠野山ぶどうワイン

Written by 桃知利男のプロフィール : 2012年04月29日 10:12: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/4324

Listed below are links to weblogs that reference

遠野 山ぶどうワインを太陽の下で飲むということ。 from モモログ3

トラックバック