FROM MOMOTI.COM

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



ニュー王将の浅草最強のカツ丼でランチ。(浅草5丁目)

ニュー王将のカツ丼
ニュー王将のカツ丼 1000円也

今日の昼餉(ランチ)は、念願叶ってニュー王将でカツ丼を食べた。これが(たぶん)浅草最強のカツ丼だろう。

それは説得力の塊とでも言えばよいのだろうか、有無を言わさぬ姿形をもって現れ出でた。これがカツ丼っていうもんだよ、と言わんばかりに丼の上でとんかつが乱舞する。

なんだこの量は、なのである。

喰うものを威圧する、そんな言葉がぴったりなのである。

私は一瞬たじろぐも、しかしともかくも腹が減ったのである。であれば無言で戦いを挑みはじめる。そして思わず

ああ、うまい……なぁ

という言葉が漏れてしまう。

熱々の揚げてたのトンカツ、とろりとしたたまご、しゃきっとしたたまねぎ、熱々のご飯、それにからむ甘辛い汁と脂分。丼の王道ここにあり。

ただ心配事が脳裏を横切る。これ全部食えるのか、と。

しかし不思議なことに、小食な私でさえ、全部食ってしまえた。

それがなぜかはわからないが、箸がとまらなかったのである。気がつけば空の丼。胃袋爆発寸前、脳みそ幸せ。空腹神経完全麻痺なのである。

ただただ、恐ろしいカツ丼である。また食いに行こう。

和洋食 ニュー王将
台東区浅草5丁目21-7
03-3875-1066

大きな地図で見る
 [浅草グルメマップ]
 [浅草でランチ]

Tags: カツ丼 , 洋食

Written by 桃知利男のプロフィール : 2007年12月05日 21:32: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/1627

Listed below are links to weblogs that reference

ニュー王将の浅草最強のカツ丼でランチ。(浅草5丁目) from モモログ

トラックバック

コメント

いやーそれにしても旨そうなカツ丼ですね!
今日はまともな昼ご飯を食べてないので、まさに
ヨダレもんです。まさにカツ丼の王将ですね!
○谷食堂のカツ丼はまだ香車ですね。
その内、気の合う仲間で【浅草グルメツアー】を
計画します。

投稿者 ryogo : 2007年12月06日 16:31

>ryogoさん

浅草には是非おいでください。
また手薬煉ひいてお待ちしています。

しかし、このカツ丼は凄いですわ。
ただですね、西谷食堂のはまた別格なのですよ。(笑)
あれは、あれでうまい。
たぶん、近所で育って、西谷のカツ丼を食ってきた人たちには、あれは世界一なんだと思いますよ。

パトリっていうのは、そういうもんです。

投稿者 momo : 2007年12月07日 00:36

やっと見つけた「ニュー王将」昼の営業は12時~13時のみ。ランチに行くには厳しそうです。この店を知らずに「とんかつ春」派でしたなんて恥ずかしいですね。
 また、丼より、カツライス派でしたが、このカツ丼はぜひ食べてみたいと思います。
 楽しみを与えてくださってありがとうございます。
 また一軒行く店が増えました。食べたらまた報告します。 

投稿者 京町の住人 : 2009年09月13日 20:40

まず、ランチがなぜ厳しいかと言うと時間もさることながら平日は仕事だし、休日(日・祝日)はランチ営業が休みだからです。
早速行ってきましたが、昼は暗黙のうちに「日替わり定食」を頼む人がほとんどと聞いたので、ご主人に伺ってみると「時間がかかるのを承知してくれたら暇な日(土曜日はねらい目?)だったら作ります」と仰ってくださったので早速「カツ丼」を注文、大食漢なので「大盛り」にしてもらい、出てきたものをみると、桃知さんの写真どおりで「大した事無いじゃん」と思っていたら、これが結構ボリュームがあり、よく煮込まれたカツと溶き卵が絶妙な味をかもし出し、桃知さんの「浅草最強」は決してウソではありませんでした。
 
 きれいに平らげましたが、ビンで供される「水」レトロな店内にはビックリです。
 会計時には「ご飯の量は大丈夫でしたか?」と聞いてくださるなど接客も文句なしです。
 隠れた名店とはまさにこの事。ランチは土曜日のワンチャンスしか行かれませんが、「また時々きます」と言って店を出た私は、久々に心も腹も満たされた気がしました。ご馳走様でした。

投稿者 京町の住人 : 2009年09月19日 13:14

コメントを送ってください