FROM MOMOTI.COM

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



千束いせやの海老穴子天丼でランチ。(金美館通り商店街:千束2丁目)

千束いせやの海老穴子天丼
千束いせやの海老穴子天丼 1600円

千束いせや

午前7時30分起床。浅草はくもり。これから雨になるらしい。これは昨日の昼餉で、金美館通り商店街にある千束いせやへ足を延ばし、海老穴子天丼を食べた。

千束いせやは、いわゆる下町天麩羅三兄弟(土手の伊勢屋、千束いせや、蔵前いせや)の次男さんの店で、まあこのあたりに住んでいれば知らない人はいない、というてんぷらの有名店だ。

ただ敷居は低く吉原大門交差点のところにある土手の伊勢屋(日本堤伊勢屋=長男さん)のような観光客の行列ができるようなこともなく、淡々と天麩羅を揚げているご主人の姿そのままのに、近所の人の普段遣い、とても「街的」な店である。

あたしは、黒々とした、だぶついた衣の、タレの味の濃い天丼はどうも苦手で(それはある超有名な浅草の店が原因なのだが)胃にもたれるというか身体的相性として駄目なのであって、それを食べるとその日一日が終わってしまうのである。

それで3丁目に住んでいる頃は、年に一度(浅草では)比較的油の軽いだろうと思われる葵丸進のかき揚げ丼を食べるか、普段は蕎麦屋の天ぷら(天ちら)を愛用していたりしていたのだ。

しかし4丁目に越してきて、世の中には見た目と実際の印象がまったく違うモノは存在しているのだな、と改めて思わされたのがこの千束いせやの天丼なのであり、つまりはこれはあたしの身体との相性が抜群によいのである。

高温のごま油でからっと揚った衣に一切のべたつきはなく、天ぷらはとても軽やかなのである。そして甘いタレが「天丼のご飯の教科書」とでもいう具合に炊き上がった飯にからまり、小食のあたしでさえ、丼モノの正しい食い方に従い、どんぶりを一度もテーブルにおろさずにフツーに一杯食べてしまえる。

その上、帰りに三島屋へ寄って今川焼きを買い、それを食べながら帰るのであるから、千束いせやの天丼は、まさに性に合うとしかいいようがないのだわね。

ランチ 天丼 

ランチ 天丼この日の家人はランチの天丼を食べていた。

天ぷらはイカ、海老(芝海老2本のいかだ)、野菜のしっかりとした江戸前で、お椀がついてこの値段(980円)は文句なしだ。

浅草の天麩羅屋は表側(言問通りのあっち側=浅草寺周辺)の店が有名だけれども、浅草の誇るもうひとつの子宮的構造である吉原周辺の天麩羅の方があたしの性にあうのはなぜでございましょうか。

千束いせや (せんぞくいせや)
台東区千束2-23-5
03-3872-5588
営業時間 11:30~15:00 16:00~21:00
定休日 水曜日
千束いせや


大きな地図で見る
浅草グルメマップ]  [浅草でランチ
浅草・酉の市グルメマップ(千束通り中心)

Written by 桃知利男のプロフィール : 2008年01月29日 10:21: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/1765

Listed below are links to weblogs that reference

千束いせやの海老穴子天丼でランチ。(金美館通り商店街:千束2丁目) from モモログ

トラックバック

昼はガッツリ、夜は飲み過ぎの部・・・・・ from お気楽日記 (2008年01月30日 17:15) 昨日は、この方のブログに感化されて天丼を食べに行った。 htt... ...

コメント

いやー!美味しそうです。
北海道には穴子の天ぷらという食文化は
ありませんが、きっと美味しいのでしょうね!?
浅草グルメツアーのお店がまた一軒増えました。

ところで師匠!!
「千束いせや」さん には北海道でも味わえる
『お試しグルメ地方発送便』なんて代物は
ありませんでしょうかね?!

投稿者 ryogo : 2008年01月29日 14:53

>ryogoさん

お疲れ様です。そして、うまいです!

千束いせやは出前もしてくれるので、頼んだら、岩見沢まで届けてくれるかもしれませんが、まあ、浅草においでになったときの楽しみにしておいてください。

投稿者 momo : 2008年01月29日 16:55

コメントを送ってください