FROM MOMOTI.COM

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



[閉店]750円のとんかつ定食でランチ。(とんかつ 洋食 春:浅草5丁目)

とんかつ定食
とんかつ定食 750円

忙しいときの昼飯は同じところにいきがちで、気がつけばとんかつ 洋食 春にでかけてとんかつ定食を食っている。昼間っから飲んでいる人もいるし、その気になれば、あたしだってビールでも飲みながら飯を食いたいのだけれども、それをしないのは、忙しいからで、こういうときの裏浅草っていうのはからだに悪い。

裏浅草は、ビジネスには向かない。空気がそういう風にできていない。できればボーっとして暮らす街であって、せいぜいやっても労働の街である。

しかし、もっとからだに悪いのは、昼餉(ランチ)のときを除いては一歩も部屋をでていないことで、いろいろなものが散在というか山積になった机の上に、東京のなかの台東区のような領域を確保し、パソコンを置き、それに向かって統一性のない仕事を同時多発的にやっているあたしがいて、そのハイブリッド/分裂状態に、ゲシュタルト崩壊気味の自分の脳みそを疑う。

ギャル文字\(^o^)/」であるあたしは、IQサプリが得意だったりするけれども、それが役に立つとすれば、こういうときなのだろう、とも思う。

職人の血を引くあたしは、たぶん完全主義者で、細かいところが気になるタチだ。神は細部に宿るというけれど、しかしあたしのこだわりは神が宿る前に消えてしまうのは、仕事をうっちゃる術を知っているからで、それは振り向かないことだ。

しかしそれも中途半端な合理主義者でしかなく、ブログを書くにしても、4回ぐらいは読み返し、あれやこれやと直しを入れる。4回読んでもこんなものか、といわれれば元も子もないのだけれど、最初に書かれたテキストなんて、(テクストとして)崩壊している。

それはともかくも、春は、今月末から来月中旬まで休みをとるらしく、であればあたしも休みにしたいのだが、考えてみれば、どんなに忙しくても、あたしは(自分で自分の時間を決められると云う意味で)毎日が休みのようなものであって、あたしの中には休みという感覚がない。

とんかつ 洋食 春
台東区浅草5丁目10-14
03-3874-8198

大きな地図で見る
[浅草グルメマップ] [浅草でランチ]

Tags: とんかつ

Written by 桃知利男のプロフィール : 2008年02月25日 20:39: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/1829

Listed below are links to weblogs that reference

[閉店]750円のとんかつ定食でランチ。(とんかつ 洋食 春:浅草5丁目) from モモログ

トラックバック

コメント

いつも楽しく拝見しています。同じ地域に住みながら私の行った事のない店、知らない店を開拓しているのは凄いです。尊敬します。
 さて、この店「洋食 とんかつ春」ですが、我が家の21歳の息子が赤ん坊の頃からの付き合いで、この店の開店当時はまさしく「春」の斜め向かいに住んでいました。
 と言うわけでちょくちょく行っているわけですが、「ニュー王将」の最強メニューが「カツ丼」だとすれば、「春」の最強メニューはこの「とんかつ定食」ではないかといつも思います。先日は、「ニュー王将」と比較したいがために「カツ丼」を食べましたが、「春」は味が優しく、ニュー王将を男性的、野性的な味とするなら春のそれは、対極にあるサッパリとした軽い味わいの女性的なカツ丼で、量もそれなりに少なめです。

 でも、やはり、私が「丼」を食べないのはビジュアルの寂しさというか、出てくる品数の少なさでしょうか。丼、お新香、味噌汁。この3つです。定食もメインの皿とご飯、味噌汁、お新香な訳ですが、華やかなのでついつい定食に行ってしまいます。
 揚げたてのカツを煮込むなんて…。ついそう思っちゃうんですね。
 そんな訳で春ではいつも「定食」です。昼も2時までなので遅い昼飯にも使えるし、オバちゃん(私はこう呼ばせていただいています)がかもし出す雰囲気、そして帰りにくれる黒飴。
 外食と言うより、オフクロの家で食べているみたい。
 これからも行きますよ。私のとってのオフクロの味は「春」さんになりつつあるのが怖いです。

投稿者 京町の住人 : 2009年09月26日 11:01

コメントを送ってください