チャーシュウそばチャーシュウそば


チャーシュウそばと創造性

午前5時15分起床。浅草は晴れ。「チャーシュウそば」である。勿論メニューにはない。だから、あたしのオリジナルと呼べないこともない。先のブログで云った通りつくったのだ、と云うよりも組み合わせたとう方がぴったりだろう。所謂、創造性だ、つまり想像性ではない。エンコード、ブリコラージュ(@レヴィ=ストロース)、マッシュアップ、ハイブリッドのことである。でも場所は何時もの「ゆで太郎」、そう、「ゆで太郎本所吾妻橋店」でのことである。

創造性

「チャーシュウ」は全部で5枚、でも1枚がもの凄く薄くて少しガッカリ。それを「かけそば」の上に並べ「メンマ」をのせる。「メンマ」は量が多く約半分だけにした。そして、ねぎをのせてやる。「チャーシュウ」からの脂の粒が縁に揃う。見た目は立派な「チャーシュウ麺」となったが、ところがこれは麺が蕎麦、スープは和風だ。そして食べる。うーん、いまいちだな(笑)。[浅草でランチ]

チャーシュウ、メンマ、かけそばの食券かけそば

チャーシュウメンマ

チャーシュウ、メンマ、かけそば

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7