牡蠣と蓮根のかきあげそば牡蠣と蓮根のかきあげそば


牡蠣と蓮根のかきあげそばと想像性

午前5時30分起床。浅草は晴れ。「ゆで太郎本所吾妻橋店」に行けば、今年も「牡蠣と蓮根のかきあげ」があった。それで「牡蠣と蓮根のかきあげそば」を頼んでみた。「牡蠣と蓮根のかきあげ」は1年振りだ。1年振りというのは昨年も食べたからに他ならず、「ゆで太郎」では「牡蠣と蓮根のかきあげそば」が定番化しているのだろう。

ただこの定番化は、味が変わらない、という利点もあるが、新しいなにかを造り出す、という「想像性」には欠ける。なのであえて云いたいのだが、あたしの行く「ゆで太郎」では、最近「中華そば」が新メニューとなっている。この「中華そば=ラーメン」がメニューにある、ということが良い事なのか悪い事なのかは知らないが、「ラーメン」があるということは、「チャーシュウ」が必ずある(と思う)。

あたしは「ラーメン」が大好きだった。だけども身体が「ラーメン」を食べる事を許さないのだ。そこで考えられるのが「チャーシュウそば」である。あたしはこれを泉岳寺の「三松」で試した事があるが、実は「ゆで太郎」でも出来ることに気づいたのだ。なにせここにはトッピングメニューに「チャーシュウ」や「メンマ」が有る。これはやってみなくてはなるまい、と思いながら「牡蠣と蓮根のかきあげそば」を手繰ったのだ。[浅草でランチ]

牡蠣と蓮根のかきあげ

牡蠣と蓮根のかきあげそば

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7