2018年7月の記事一覧

もめん生揚げもめん生揚げ

続きを読む

湯上り娘湯上り娘

花火の晩

午前4時50分起床。浅草はくもり。順延された隅田川花火大会の晩だっだ。あたしは例によって、時差で僅かに遅れる爆発音を楽しみながら、エアコンの効いた部屋でビールを呑み、テレビで花火を見ていた。一昨年と昨年は外に出よう、と云う気にはなったのだが、今年は部屋にこもっていた。

テレビで目と鼻の先で行われている花火大会を見るのはありなのか。

あたしゃ、しらない

花火大会になると必ず思い出す曲がある。その歌は「隣町もゆれる花火の晩~」から始まる『恋の一時間前は孤独の千年』(松任谷由美:作)だ。これを初めて聞いたのは1984年だから、今から34年前、歌い手は「麗美/REIMY」だった。年に一度必ず鼻歌のレパートリーになる。

と同様に「湯あがり娘」が届いていた。送り主は「うどん星人二合さん」。今年も夏の香りをありがとう。

この「湯上り娘」がくると、普段の夏はやっとこれから最盛期かと感じる(今年はちょっと違うな)。「湯揚り娘」とは新潟産の枝豆で、この枝豆を茹でる香りがなんとも好きなのだ。狭い部屋一面に広がる枝豆の香り。これが全ての始まりである。後はもうただひたすらに食べるのである。

おいしい茹で方

  1. 枝豆は洗わずにボウルに入れて塩をふり、よくもんで15分から30分ほどおいてなじませる。
  2. 塩を洗い流す
  3. 沸騰したたっぷりのお湯(枝豆250gに対して、お湯1リットルと塩大さじ1)に枝豆を入れ、ふたをしないで強火で茹でる。
  4. 茹で時間は5分が目安。少し固めがちょうどよい。
  5. ざるに上げて水気を切り、冷ましながら、まだ温かいうちに塩を振って混ぜる。団扇で扇いだり、冷房に風を当てて急速に冷ますと色よく仕上がる(水で冷やしてはいけない)。

湯上り娘

冷やしたぬきそば+春菊天冷やしたぬきそば+春菊天

続きを読む

せいろそば麺大盛りせいろそば麺大盛り

続きを読む

そば湯そば湯

続きを読む

アクアパッツアアクアパッツア

続きを読む

元祖冷麺元祖冷麺

続きを読む

カルビをたまごで食べる カルビをたまごで食べる

続きを読む

こってり スープ多めこってり スープ多め

続きを読む

特別展「昆虫」特別展 昆虫

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

Google
Web www.momoti.com

プロフィール

桃知利男のプロフィール

最近のエントリー

  1. 東京はコロナウィルスの感染者が4000人を超えた。そんな中「新潟枝豆 湯あがり娘」を食べているあたし。なんか複雑なのだよなー。(うどん☆人二合さんからの贈与)
  2. どうだい美しいだろう?。「冷し太そばハーフ」+「紅しょうが天」、それで足りなかったので「海老天」をプラスして朝から食べてみたこと。(一由そば:荒川区西日暮里2丁目)
  3. 特上の「うな重」を「鈴音」で食べる丑の日かな。翌朝の高くて驚く血糖値の値。いや、それもありかなと(笑)。(浅草五丁目)
  4. 「墨田区役所 食堂」が「イカ天そば」という、やっと「立ち食い蕎麦」の一画に入り混む逸品を作り出したこと。(墨田区役所 食堂:墨田区吾妻橋1丁目:墨田区役所1F)
  5. 初めて「やかん」に入った「そば湯」を呑んだ、「浅草角萬」の「ひやにく(冷やし肉南蛮そば)」を食べたこと。(浅草四丁目)
  6. 「カツ重」というマル秘アイテム(ぜんぜんマル秘じゃないけれど)。(墨田区役所 食堂:墨田区吾妻橋1丁目:墨田区役所1F)
  7. 贅沢じゃなくなったけどもやっぱり贅沢な「うにごはん」を食べたこと。(向井田さんからの贈与:重茂の焼きうに:岩手県宮古市)
  8. 24日(土)25日(日)はブログの更新はお休み致します。(桃知商店 桃知利男)
  9. この「桃」は「あかつき」の枝変わり「暁星」だ、福島県伊達郡の産だよ、とよろこんで「福島の桃」を今年初めて食べたこと。
  10. 「需要と供給」もしくは「アメリカンコーヒーとホットケーキ」。(ハトヤ:浅草一丁目)

全ての記事一覧を見る

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [30]
  3. 2021年6月 [30]
  4. 2021年5月 [31]
  5. 2021年4月 [30]
  6. 2021年3月 [31]
  7. 2021年2月 [28]
  8. 2021年1月 [31]
  9. 2020年12月 [31]
  10. 2020年11月 [30]
  11. 2020年10月 [31]
  12. 2020年9月 [30]
  13. 2020年8月 [31]
  14. 2020年7月 [31]
  15. 2020年6月 [30]
  16. 2020年5月 [31]
  17. 2020年4月 [30]
  18. 2020年3月 [31]
  19. 2020年2月 [29]
  20. 2020年1月 [30]
  21. 2019年12月 [35]
  22. 2019年11月 [30]
  23. 2019年10月 [33]
  24. 2019年9月 [30]
  25. 2019年8月 [29]
  26. 2019年7月 [35]
  27. 2019年6月 [30]
  28. 2019年5月 [31]
  29. 2019年4月 [31]
  30. 2019年3月 [31]
  31. 2019年2月 [29]
  32. 2019年1月 [31]
  33. 2018年12月 [40]
  34. 2018年11月 [30]
  35. 2018年10月 [31]
  36. 2018年9月 [32]
  37. 2018年8月 [25]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [30]
  40. 2018年5月 [31]
  41. 2018年4月 [30]
  42. 2018年3月 [31]
  43. 2018年2月 [28]
  44. 2018年1月 [31]
  45. 2017年12月 [32]
  46. 2017年11月 [30]
  47. 2017年10月 [30]
  48. 2017年9月 [23]
  49. 2017年8月 [31]
  50. 2017年7月 [31]
  51. 2017年6月 [30]
  52. 2017年5月 [31]
  53. 2017年4月 [30]
  54. 2017年3月 [31]
  55. 2017年2月 [28]
  56. 2017年1月 [32]
  57. 2016年12月 [39]
  58. 2016年11月 [30]
  59. 2016年10月 [31]
  60. 2016年9月 [30]
  61. 2016年8月 [31]
  62. 2016年7月 [31]
  63. 2016年6月 [30]
  64. 2016年5月 [31]
  65. 2016年4月 [30]
  66. 2016年3月 [32]
  67. 2016年2月 [29]
  68. 2016年1月 [31]
  69. 2015年12月 [38]
  70. 2015年11月 [33]
  71. 2015年10月 [31]
  72. 2015年9月 [30]
  73. 2015年8月 [33]
  74. 2015年7月 [33]
  75. 2015年6月 [31]
  76. 2015年5月 [32]
  77. 2015年4月 [31]
  78. 2015年3月 [32]
  79. 2015年2月 [31]
  80. 2015年1月 [31]
  81. 2014年12月 [44]
  82. 2014年11月 [22]
  83. 2014年10月 [30]
  84. 2014年9月 [30]
  85. 2014年8月 [32]
  86. 2014年7月 [32]
  87. 2014年6月 [31]
  88. 2014年5月 [32]
  89. 2014年4月 [30]
  90. 2014年3月 [31]
  91. 2014年2月 [28]
  92. 2014年1月 [31]
  93. 2013年12月 [36]
  94. 2013年11月 [30]
  95. 2013年10月 [31]
  96. 2013年9月 [30]
  97. 2013年8月 [31]
  98. 2013年7月 [32]
  99. 2013年6月 [32]
  100. 2013年5月 [32]
  101. 2013年4月 [30]
  102. 2013年3月 [35]
  103. 2013年2月 [29]
  104. 2013年1月 [2]

Powered by Movable Type 6.3