FROM MOMOTI.COM

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ



[閉店]とんかつ 洋食 春の「とんてき」定食でランチ。(浅草5丁目)

カレー味とんてき
とんかつ 洋食 春のとんてき

午前6時30分起床。浅草はくもり。これは6月14日の昼餉(ランチ)で、とんかつ 洋食 春のとんてき定食(850円)である。

とんかつ洋食春のカレー味とんてき定食
とんかつ 洋食 春のとんてき定食(850円)

先発ローテーション

4丁目に住むようになってから、春はあたしの昼餉の先発ローテーション入りしている店だが、先発は2店もあればいいのであって、もうひとつは山口家である。

その二本柱に、元祖恵比寿ラーメンニュー王将千束いせやという勝利の方程式(別名JFKならぬEOE)が埋めていて、それでも埋めきれないところを近所の様々な店が埋めてくれている。そしてたまには新人を発掘に行動範囲を広げたりもしている。

14日のランチのリクエストは「ガツンとしたモノを食わせろ!」だった。ガツンなランチと言えばニュー王将のカツ丼にとどめを刺すのだけれども、あいにくと岩見沢で二日続けてカツ丼を食ったばかりのあたしは、「今日はカツ丼は却下!」なのであって、やっぱりガツン系の春にすることに相成ったのだ。

とんてき

ピラいつもなら750円のスペシャルランチにするのだけれども、揚げ物は食いたくなかったので、衣のない「とんてき」を選んでみた。

とんてき」はつまりは豚のステーキである。あたしのパトリである四日市では非常にポピュラーな食いものであって、その肝はニンニクとソースなのだ。

春のとんてきは、ソースにカレー味をもってきて、ニンニクの代わりにタマネギなのである。あたしはトンテキはさんざん食ってきたけれど、カレー味のトンテキは初めてたべた。

つまり春のとんてきは四日市のものとは違う。けれどもこれがうまいのだ。タマネギの甘さも相まって、カレーの風味がとてもご飯が進む君なのである。当然にボリュームも文句なく、次回もこれにしようかと思う次第。 

とんかつ 洋食 春
台東区浅草5丁目10-14
03-3874-8198

大きな地図で見る
[浅草グルメマップ] [浅草でランチ]

Tags: とんてき

Written by 桃知利男のプロフィール : 2008年06月16日 07:39: Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/2117

Listed below are links to weblogs that reference

[閉店]とんかつ 洋食 春の「とんてき」定食でランチ。(浅草5丁目) from モモログ

トラックバック

「都会」に住むのと「街」に住むのとは違う。そこを分からんとなぁ。 from 140B劇場-浅草・岸和田往復書簡 (2008年06月17日 22:44) 都会には無くなったハイボールは「街的」過ぎるわ。 こういう店や... ...