ひやにく大盛ひやにく大盛


浅草角萬

午前5時起床。浅草は晴れ。「浅草角萬」は、「角萬竜泉店」は閉店してしまい、その代わりに(?)うちの近くのできたことは知っていた。ただ、近くには中々いけないもので、この日は、遅くはなったが、遅めのランチで漸く行けたのだ。

「角萬」と云えばいつもの「ひやにく大盛」である。この「ひやにく大盛」を頼む。

店内のテーブルは「竜泉店」で使っていたもののようだが、新しい店舗には似合わないようで、なぜかこの古い家具がしっくりと馴染んでいた。なかなかいい風情だなと思う。

そうしている内に「ひやにく大盛」の登場だ。しかし、なせに「大盛」にしてしまうのだろう、と思う。

丼の中を覗けばただ懐かしい。それは、あたしの記憶を蘇させてくれる太いうどんような蕎麦だ。その太いうどんのような蕎麦(実際、蕎麦粉の割合はどの程度なのだろう。半割がそれ以下だと思う)、茹で時間はかかるはずなのになぜか早くでてくるのも以前と一緒だ。

それを思い切る手繰る。しかし、手繰れないのである。この蕎麦は恐ろしいものであることを食べている最中に思い出す。そうだよ、これは思い切り食うもの、それも食った後の満腹感は最低(腹一杯過ぎて)なものだったのだ。その感覚までそのまま継承されている。完璧な「角萬」だ。

あたしは、ハアハア云いながらようやく食べ終えた。蕎麦湯がやかんで出てくる。どうやって蕎麦湯を呑めと云うんだと思う。いや。こんな蕎麦屋が直ぐ近くにできて、又一つ行かなくてはならない蕎麦屋が増えたと思った。[浅草グルメ]

ひやにく大盛

浅草角萬
東京都台東区浅草4-45-4