2枚もり+カレールー2枚もり+カレールー


2枚もりを全部食えなくなったこと

午前4時30分起床。浅草はくもり。この頃「ゆで太郎本所吾妻橋店」が、ランチの記事として出てこない。かつては、週に3回も4回も通ったのに、この頃はパッタリなのだ。その理由の一つは、新作が出ていなかったことだ。

秋の新作は楽しみなもので、かつては「秋野菜とあさりのかきあげそば」、「きのこ天そば」と云った傑作な蕎麦があった。

そしてもう一つ理由が、しばらくして出た新作が、全く駄目だということだ。曰く「天ぷらのせた中華そば」なのである。「豚・鶏と魚介の特製スープに染込む海老天が溜まらない!」なのだ。「天中華」がうりなのだそうだが、これは蕎麦屋のメニューではない(とあたしは思う)。

あたしは糖尿病だけど、半割の蕎麦が体に悪いことは百も承知の上で、蕎麦だけは止めないでおこう、と「ゆで太郎」に通っていたのだ。それが中華麺ではお手上げなのだった。

しかしあたしは、この日は気合いを入れて「ゆで太郎」へ行った。「2枚もり」を「カレールー」を付けて「カレーつけ蕎麦」にして食ってやろうと思っていた。いざ食べ始めると、なぜか蕎麦が減っていかないのだ。別にまずいわけではない。

それどころか、久しぶりの2枚もりだと喜んで食べていた。それが残り3分の1あたりから箸が止まってしまったのである。そしていつもの「カレールー」がとても甘く感じたのだ。これは如何したことかと思うのだが、あたしは3分の1の蕎麦を残して店をでたのである。

2枚もり

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7-4