太刀魚のちくわ天そば太刀魚のちくわ天そば


太刀魚のちくわ天そば

午前3時40分起床。浅草はくもり。相変わらずのお昼は「立ち食いそば」だ。その中でも「ゆで太郎本所吾妻橋店」に行って今日は食べようと思った。「夏麺」が出ていて、その中でも「太刀魚のちくわ天そば」に引かれていたのだ。「ちくわ天」はその辺にいくらでもあるが、これは「太刀魚の」と注釈を付けてある。

一体どのような味なんだろう、と期待でけで「太刀魚のちくわ天そば」を注文する。出てきたそれは「太刀魚のちくわ」が二本でんとあり、これは「天ぷらそば」だ、と云うことを嫌でも物語っている。そして「おろし」と「花がつお」と「かいわれ」が脇を締めていた。

天ぷらは天才である

おーこれはそそる姿をしている。早速「太刀魚のちくわ天」を食べる。うまいなーとしみじみと思う。だが、はっきり云って長いのだ。普通の「ちくわ」の2本分はある。そして焼いてある「ちくわ」をわざわざ天ぷらにしている。それが一層味を引き立てる。

やっぱり天ぷらは天才だと思う。「ちくわ」だけならこうはいかない。

そして蕎麦を食べる。5.割強(蕎麦粉5割強)の蕎麦だが、この値段なら十分だ。それはあたしの身体を考えれば蕎麦粉は多いに越したことはない。身体が炭水化物で苦労しているのがわかるのだ。そして「おろし」と「花がつお」をかき混ぜてみる。ついでに「太刀魚のちくわ」もだ。いや、これはなかなかにうまいものなのだ。[お蕎麦deランチ]

太刀魚のちくわ天そば

ゆで太郎本所吾妻橋店
東京都墨田区吾妻橋3丁目7-4