生粉亭のつけ天せいろ生粉亭のつけ天せいろ


生粉亭のつけ天せいろ

午前4時20分起床。浅草はくもり。久々に鐘ヶ淵の「生粉亭」に行ってみた。ここのランチメニューで(唯一の)蕎麦がメインと思われる「つけ天せいろ」を食べたくなったのだ。せいろは勿論大盛りで貰う。この日の蕎麦を手繰ると郡山の「蕎麦処 こっとう屋」の蕎麦を思い出した。この日の蕎麦は「こっとう屋」同様なにか重い印象なのだ。蕎麦は十割だと思うが、軽やかな弾む様な食感ではなく、その反面ぐっと腹に溜まる蕎麦だ。この重い蕎麦がうまい。

「イかのかき揚げ」を「つけ天」としてだす。いってみれば冷たいかき揚げ蕎麦なのだが、「つけ天」という名前がつくとなにか高級に思えるから不思議だ。そしてぐるりと廻りを見ればみんな一献やっている。あーこの日は休みだったことを思い出す。休みの日に、蕎麦屋で昼から一献なんて、なんて幸せな人達なんだと思うあたしは、なぜかこの日は呑まずに帰ってきたのだ。何故かって、それは自転車に乗っていたからだよ。

イかのかき揚げ

せいろ(大盛)

手打そば生粉亭
東京都墨田区墨田5丁目5-3