FROM MOMOTI.COM

サイボウズOffice10へのバージョンアップをやりませんか。

2019年03月03日|お知らせ


2007年08月14日(火) 

ちょっとだけ居酒屋浩司考。

居酒屋浩司の店内からホッピー通りを望む
居酒屋浩司の店内からホッピー通りを望む

居酒屋浩司考

午前3時30分起床、というよりも暑くて目覚めた。浅草はくもり。昨夕は、熊本から緒方さんがおいでになり、居酒屋浩司で一献。二日酔いになるぐらいホッピーを飲んだ。浩司は、月曜日は(普段は)休むのだが、夏休み期間中ということで営業していたのだろう。

そもそもこの通り(煮込み通り・ホッピー通り)は、浅草の住人でさえ、あんなところにいっちゃだめよ、という方がいるぐらのところなのである。 たしかに、WINS浅草があるので、土日はギャンブラーで溢れているし、周辺にはホームレスの方々も多い。

居酒屋浩司の外人客ある時期は、今よりももっと荒れていたのだろうな、とも思う。しかし、居酒屋浩司は、このアジールな空間でも、ひときわ異彩を放っている。

それは客層の若さ、ということにつきるだろう。カップル客は多いし、若い女性だけのグループ、時には、女性一人という客も見かける。もちろん外人さんも多い。この通りに、若い人を呼び込んだのは、居酒屋浩司の功績なのだろうな、と(私は)思う。

それは、私の理解では、閉じた円環のひねり(外部とのつながり:メビウスの帯)なのだが、そのひねりをつくりだしているトリックスターは、若いスタッフ、(そしてその仕組みをつくった親方とママ)、ということなのだろうな。

居酒屋浩司浅草店
台東区浅草2-3-19
03-3844-0612
 居酒屋浩司で働く学生諸君
(写真:桃組暑気払いより)


大きな地図で見る
[浅草グルメマップ]

投稿者 momo : 2007年08月14日 06:44 : Newer : Older

このエントリーのトラックバックURL

https://www.momoti.com/mt/mt-tb.cgi/1296