冷やし肉南ばんそば大盛ひやにく大
本当の名前は、冷やし肉南ばんそば大盛


冷やし肉南ばん

午前4時10分起床。浅草はくもり。

今日は久々に「浅草角萬」へ。

「浅草角萬」はあたしの家からは直ぐ近くだが、なかなか行けない処でもある。

歩けば近いいに、なぜか遠く感じるそんな店だ。

かと行って、ここの蕎麦が嫌いな訳ではなく、むしろ好きなのだ。

家人の蕎麦の定義では、ここの蕎麦は蕎麦ではない、と不思議なことを云う。

曰く、あれはうどんよ、なのだそうだ。

あの太い蕎麦を蕎麦と呼ぶのは邪道よ!なのである(笑)。

しかし「浅草角萬」は蕎麦屋である(笑)。

この日はたまたまコロナウイルスの予防接種で、

お昼を「角萬」で食べよう、と家人と決めていたのだ(笑)。

午後1時、7割程度の入りだろうか、あたしは席に座ると、

店員さんに「ひやにく大」(正式名は「冷やし肉南ばんそば大盛」)を2つと注文した。

「浅草角萬」と云えば「ひやにく大」が定番である(客の7~8割はこれを注文する訳だ)。

家人早くも臨戦態勢。

うどんのような冷たい蕎麦、ネギ、それに豚肉は「ひやにく」であることの象徴である。

暫くうっとりとして「ひやにく」を見て、そして食う。

手繰るのではない。思い切り食うのである(笑)。

腹は膨れるがそれでも食い続けるのだ。

それで最後は蕎麦湯だが、

家人の残りの汁をあたしの丼に入れ、空になった家人の丼に浪波とやかんから注ぐのだ。

それを二人でシェアして飲む。

蕎麦湯はなにも無くて飲むのが我が家のおきてなのである。

あー腹はパンパン、血糖値は爆上がりだな、と

家人と二人でワクチン会場へ向かったのだった(笑)。

ひやにく大ひやにく大

ひやにく大ひやにく大

これは思い切り食うのである(笑)太い蕎麦を手繰る、
いや、これは思い切り食うのであるな(笑)

IMG_20221118_132701蕎麦湯の入ったやかん
異様であるな(笑)
[浅草グルメ] [お蕎麦deランチ]

浅草角萬
東京都台東区浅草四丁目45-4