桃知商店よりのお知らせ

『ぶらり大阪「高低差」地形さんぽ』新之介(著) 140B『ぶらり大阪「高低差」地形さんぽ』新之介(著) 140B

2021年5月 5日|フレーズ

「キッチン南海 蔵前店」の「メンチカツとチキンカツの盛合わせ」でランチ。(蔵前4丁目)

メンチカツとチキンカツの盛合わせメンチカツとチキンカツの盛合わせ 730円


キッチン南海 蔵前店

午前7時30分起床。浅草は晴れ。蔵前に用事があって出掛けていたあたしは、どこかで昼餉ランチにしようと歩いていたら、「キッチン南海」という店があったので入ったのだ。

メンチカツとチキンカツの盛合わせ時間は11時30分を少し回ったところなので、まだ早いから大丈夫だろう(なにがだ)、と思っていたが、いや、狭い店の中には既に、5人ほど人がいるではないか。

あたしは、一番奥の小さな席に座ると、メニューも見ずに、チキンカツとメンツカツの盛合わせを頼んのだのだが(あると思った)、それが通ってしまったのだ。

そしてライスは「ほんの少しで」、とお願いしたのだが、見ての通り普通にある(当然にたべれやしないのだけれども)。

ということは、他のオーダーではもっと多いのだろう、と想像したら想像通りだったし、あたしは頼んだメンチカツとチキンフライの盛合わせなんて、キャベツを含めててんこ盛り状態だった。

その上730円(食べ終わってから勘定をしようとして驚いた)、という値付けだなんて、誰が信じられようか。

この店を今まで知らなかったなんて、と後悔したのだが、そんなことよりここは、あたしが「こうだったらいいな」、と思うことが実現する店のように思えてしまう。

だから食べているときには夢心地なのであり、もしかしたらこの店は、明日来たら無くなっているのじゃないだろうか、なんて考えてはいるが、腹は朽ち、いい感じで疲労感を感じているあたしは、何を隠そう現実のあたしなのだった。[浅草でランチ

キッチン南海 蔵前店
東京都台東区蔵前4-31-10 オラシオンビル1F
03-3861-9266

大きな地図で見る

Comment [1]

No.1

拙が浅草に引っ越した頃(2007年)はこのお店、もう少し浅草よりにあって(ある意味メジャーな)キッチン南海の支店というより地元の腹ペコ勤労者に熱い指示を得てたお店でした。確か昼しかやってなかったような・・・。 残念ながら移転後は行ってないのですがやはりご飯はたっぷりのようですね(笑)

以前行ったときに大盛り頼んだのですがおかわりをしないで1回に食べたご飯の量としてはここが最大でした。お店の人が「大丈夫かな」という顔をして出してきたので「受けて立とうじゃないの!」と平静を装って完食したのですが心の中では最後のほうは号泣しながら食べておりました。
主役の揚げ物がおいしいからあれだけ食べられたんですね。

このページの上部へ

サイト内検索

Google
Web www.momoti.com

プロフィール

桃知利男のプロフィール

最近のエントリー

  1. これは「ブラックタイガー」じゃないのか、と云いながら「エビフライ」を食べ、「甘鯛」のウロコがないことに少し落胆したランチのこと。(エビとヒレと甘鯛フライ:かつき亭 吾妻橋店:墨田区吾妻橋3丁目)
  2. やっぱり「薬味そば」が最高(…かもしれない)(笑)。(ゆで太郎本所吾妻橋店:墨田区吾妻橋3丁目)
  3. 「カルボ」の「焼きスパゲッティ」である「ナポリ」がドンと出てくる日。いったいなんなんだ(笑)。(浅草三丁目)
  4. どこにあるのか知らないけれど、「コシ自慢!本格冷麺専門店「こしつよ」本郷本店」から「【クセになる】レモンとパクチーの特製盛岡冷麺」を「Uber Eats」が運んできてくれたこと。
  5. タンメンー麺半分+野菜増し+餃子5つの「タン餃セット」でランチしたと云爾。(タンメン しゃきしゃき 錦糸町本店:墨田区錦糸3丁目)
  6. 「プロティンミルクスムージー~バナナキャラメル」、「コーヒー」そして「アップルパイ」。(エクセルシオールカフェアルカキット錦糸町店:墨田区錦糸2丁目2-1 アルカキット錦糸町1F)
  7. 珍しくパン(「ベーグルサンドウィッチ」だけれども)でランチにしたこと。(スモークサーモンとアボガドのベーグルサンドウィッチ:マニュファクチャ(Manufacture=製造):花川戸一丁目)
  8. 「ゲソと夏野菜のかきあげそば」。これが食べたかった「季節のかきあげそば」だと云爾。(ゆで太郎本所吾妻橋店:墨田区吾妻橋三丁目)
  9. 「海老天」のコスパは高し。「ダブル海老天そば」でランチにしたこと。(いわもとQ浅草店:雷門二丁目)
  10. 寒い9月の空を恨みながらも温かい「春菊天そば」を手繰るのだ。(文殊 浅草店:浅草一丁目:浅草地下街)

全ての記事一覧を見る

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [16]
  2. 2021年8月 [31]
  3. 2021年7月 [30]
  4. 2021年6月 [30]
  5. 2021年5月 [31]
  6. 2021年4月 [30]
  7. 2021年3月 [31]
  8. 2021年2月 [28]
  9. 2021年1月 [31]
  10. 2020年12月 [31]
  11. 2020年11月 [30]
  12. 2020年10月 [31]
  13. 2020年9月 [30]
  14. 2020年8月 [31]
  15. 2020年7月 [31]
  16. 2020年6月 [30]
  17. 2020年5月 [31]
  18. 2020年4月 [30]
  19. 2020年3月 [31]
  20. 2020年2月 [29]
  21. 2020年1月 [30]
  22. 2019年12月 [35]
  23. 2019年11月 [30]
  24. 2019年10月 [33]
  25. 2019年9月 [30]
  26. 2019年8月 [29]
  27. 2019年7月 [35]
  28. 2019年6月 [30]
  29. 2019年5月 [31]
  30. 2019年4月 [31]
  31. 2019年3月 [31]
  32. 2019年2月 [29]
  33. 2019年1月 [31]
  34. 2018年12月 [40]
  35. 2018年11月 [30]
  36. 2018年10月 [31]
  37. 2018年9月 [32]
  38. 2018年8月 [25]
  39. 2018年7月 [31]
  40. 2018年6月 [30]
  41. 2018年5月 [31]
  42. 2018年4月 [30]
  43. 2018年3月 [31]
  44. 2018年2月 [28]
  45. 2018年1月 [31]
  46. 2017年12月 [32]
  47. 2017年11月 [30]
  48. 2017年10月 [30]
  49. 2017年9月 [23]
  50. 2017年8月 [31]
  51. 2017年7月 [31]
  52. 2017年6月 [30]
  53. 2017年5月 [31]
  54. 2017年4月 [30]
  55. 2017年3月 [31]
  56. 2017年2月 [28]
  57. 2017年1月 [32]
  58. 2016年12月 [39]
  59. 2016年11月 [30]
  60. 2016年10月 [31]
  61. 2016年9月 [30]
  62. 2016年8月 [31]
  63. 2016年7月 [31]
  64. 2016年6月 [30]
  65. 2016年5月 [31]
  66. 2016年4月 [30]
  67. 2016年3月 [32]
  68. 2016年2月 [29]
  69. 2016年1月 [31]
  70. 2015年12月 [38]
  71. 2015年11月 [33]
  72. 2015年10月 [31]
  73. 2015年9月 [30]
  74. 2015年8月 [33]
  75. 2015年7月 [33]
  76. 2015年6月 [31]
  77. 2015年5月 [32]
  78. 2015年4月 [31]
  79. 2015年3月 [32]
  80. 2015年2月 [31]
  81. 2015年1月 [31]
  82. 2014年12月 [44]
  83. 2014年11月 [22]
  84. 2014年10月 [30]
  85. 2014年9月 [30]
  86. 2014年8月 [32]
  87. 2014年7月 [32]
  88. 2014年6月 [31]
  89. 2014年5月 [32]
  90. 2014年4月 [30]
  91. 2014年3月 [31]
  92. 2014年2月 [28]
  93. 2014年1月 [31]
  94. 2013年12月 [36]
  95. 2013年11月 [30]
  96. 2013年10月 [31]
  97. 2013年9月 [30]
  98. 2013年8月 [31]
  99. 2013年7月 [32]
  100. 2013年6月 [32]
  101. 2013年5月 [32]
  102. 2013年4月 [30]
  103. 2013年3月 [35]
  104. 2013年2月 [29]
  105. 2013年1月 [2]

Powered by Movable Type 6.3