かけ+田舎そば太麺+鶏天トッピングかけ+田舎そば太麺+鶏天トッピング


かけ+田舎そば太麺+鶏天トッピング

午前4時10分起床。浅草はくもり。この日は病院であった。鐘ヶ淵で1時間程時間を費やし治療を受け、さてランチである。どこに行こうかと思い悩む。チェーン店という手もあるのだが、取り急ぎスマホで調べてみた。そしたら牛田駅で立ち喰い蕎麦を手繰ろう、ということになった。「立ち喰い 雜賀屋」である。

そう、そこはむかし「富士三屋」があったところだが、今の蕎麦屋になってからは寄ったことが無い。これは良いチャンスだと、この日は東武スカイツリーライン牛田駅で降りてみたのである。鐘ヶ淵駅からは2駅目という近さ、駅に着くなりさっさと歩く。京成本線京成関屋駅に向かって歩くのだ。

しかし、駅から赤い看板丸見えだ。ずいぶんと派手だな、と思う。あたしは店に入ると「かけ+田舎そば太麺+鶏天トッピング」を食券の自販機で買ってみた。どうやらここは「鶏天」がウリのようなのだ。店内には「かつ丼」や「親子丼」のポスターがうまそうに掲げられている。勿論、あたしが食べたくても、食べるわけにはいかないものばかりだ。

暫く待たされて蕎麦が出てきた。大きな「鶏天」が乗った下にはこれも随分と太い蕎麦が控えている。おー立派なものだなと「鶏天」を一口食べてみる。なかなかうまいじゃないか! それにこれは胸肉丸々1枚のようだ、十分に大きい! 余りの大きさにあたしは半分を家人にあげた(笑)。

そして太い「田舎蕎麦」も手繰ってみる。いや、これはまともにうまいのだ。感触としてはつるつるとした「うどん」である。蕎麦粉の割合はあたり前に低い(たぶん)。そして、太いといっても一関の「青菜 直利庵」の蕎麦の様な360°に太いのではなく、「ほうとう」の様に平べったい。この蕎麦の姿形は好みではないが、まあいいのだ。

そして量は丁度よい(笑)。汁は甘くはなく、まっとうな味だ。うん、この「立ち喰い 雜賀屋」なかなかいいぞ。丁度昼時で客は次から次へとやってくる。店の親父さんは忙しそうだったが、流石は江戸の立ち喰い蕎麦屋の味なのである。[お蕎麦deランチ]

かけ+田舎そば太麺+鶏天トッピング

自販機

厨房は丸見え

立ち喰い雜賀屋本店

立ち喰い 雜賀屋
東京都足立区千住曙町2丁目3-4