ハムエッグとオムレツハムエッグとオムレツ


ロッジ赤石

午前4時起床。浅草はくもり。例に漏れず、毎日ご飯を食べるこのだが、朝はパン(糖質制限)+バナナ。昼は「墨田区役所 食堂」か「ゆで太郎」か「文殊浅草店」、夜はウチでデリバリーか蕎麦の日が圧倒的に多いのだ。今はコロナの影響で夜は仕方無いとしても、朝にもう少しあってもいいかなと思っていた。

もっとも朝のご飯を外で食べるのは以前からやっていたことだが、これをもう少し増やそうというのである。それでこの日は近所の「ロッジ赤石」にいってみた。「ロッジ赤石」は一応喫茶店なのだが、あたしにとっての「ロッジ赤石」とは(過去記事を読めばわかる通り)「カツ重」なのである。やらたらと飯がうまいのだ。

奥浅草は田舎だ

「ロッジ赤石」で、あたしは「ハムエッグ」を、家人は「オムレツ」を頼む。コーヒーはホットだ。ここにくると浅草に住み始めたばかりの頃を想い出す。座る席は昔のままだしテーブルも又だ。これを懐かしい、と云う方々が多いのだろうが、ここは浅草三丁目である。だれもそんなことはいわない。

家族連れで朝飯を喫茶店に食べに来ている人達もいる。あーやっぱりここは田舎だなぁと思う(笑)。田舎故に奥浅草を愛したのだ。最近はマンションが沢山できて(一見)都会の様相だが、中に一歩入れば田舎なのである。元はと云えば浅草田甫なのだ。かくいうあたしもアパート(?)住まいである。

一階に大家さんがいてその上に住んでいる。最初はマンションに住むことで一応都会人の仲間いりをしたな、と思っていたあたしだが、一端アパートに住むことになって、住んでみて、それ以外に考えられなくなっている。それぐらいに浅草は田舎なのだ。その田舎を代表する店が「ロッジ赤石」なのでる

あたしはトーストは半分だけを食べる。そして残りを家人にあげる。家人はと云えばオムレツを半分あたいしのよこした。それではと、ああしのハムエッグも半分家人にあげる。こうしてどっちがどっちを食べていたのがわからないようにして二人でモーニングを食べるのだ。[浅草グルメ]

ハムエッグ

オムレツ

ロッジ赤石
東京都台東区浅草三丁目8-4